2016年11月28日月曜日

永松マネージャー 還暦祝い

先日、弊社の永松マネージャーが還暦を迎えられ、そのお祝いをしました。



節目としてのお祝いをさせて頂きましたが、永松マネージャーにはこれからも古城マンとして一緒に頑張って頂きます。



これからも永松シニアマネージャーを、株式会社古城をよろしくお願い致します。



井尾部長からのコメントを頂戴し、

弊社社員によって、

無理やり?

着ております。

2016年11月24日木曜日

25年の歴史を持つMicrosoftソリティアが初めてiOS/Android向けに登場

25年の歴史を持つMicrosoftソリティアが初めてiOS/Android向けに登場


「ソリティア」Windowsパソコンをご利用の方は、一度は遊んだことがあるゲームではないでしょうか?
 ちょっとした暇つぶしには持ってこいのカードゲーム、実は25年も歴史があるそうで驚きですが、これまでWindows版しかなかったそうです。が、今回iOS版とAndroid版が公開されたとのこと。
 単純なゲームだけど、中毒性が高いので、くれぐれもハマりすぎないようにお遊びください。

2016年11月16日水曜日

法人向けオンラインファイル共有・保管サービス

法人向けオンラインファイル共有・保管サービス「Ridoc Easy Sharing サービス」を新発売
 
 
株式会社リコーより、法人向けオンラインファイル共有・保管サービス「Ridoc Easy Sharing サービス」を2016年11月9日から発売されました。

   新製品「Ridoc Easy Sharing サービス」は、ポータル・ソフトウェア「Ridoc Desk Navigator V4」をユーザーインターフェースとしており、クラウド上に文書を安全に保管することで、社内外の関係者とファイル共有を行うことができます。「Ridoc Desk Navigator V4」の機能として、ファイル形式の異なる文書を案件ごとにバインドすることができますが、新製品ではそのバインドされた文書をそのままクラウド上に保管することができ、社内だけではなく社外とも案件ごとに文書を共有することが可能です。また、セキュリティ対策として、文書をクラウド上にアップロードする際にウイルスチェックを行い、暗号化して保存します。このほか、ゲストユーザーが文書をダウンロードした際に通知したり、いつ・誰が・どの文書をダウンロードしたかをログで確認することも可能です。

詳しい詳細は、下記URLをご参照ください。
http://www.ricoh.co.jp/ridoc_ds/rds/easy_sharing/

2016年11月15日火曜日

IPA「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を刷新、公開

2016年11月15日、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)より、中小企業に向けた情報セキュリティ対策に関してのガイドライン第2版が公開されました。


 様々なセキュリティ脅威が増えている現状では、企業の規模に限らず情報セキュリティ対策は、絶対に必要なものとなっています。しかし、実際には、どう取り組んでいけば良いのか、具体的に何をして良いのか分からない。という企業も多いと思います。

 そこで、まず情報セキュリティ対策に対しての、考え方や取り組みについて説明されている本ガイドラインを参考にしては如何でしょうか?

 第1部は経営者編として経営者が考えておくべき事項が説明されています。また、第2部は管理実践編として、システムの管理者向けにポリシーの策定から実践していく手順などを説明しています。
 それ以外にも、「情報セキュリティ5か条」や診断シート「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」「わが社の情報セキュリティポリシー」ではひな形や情報資産管理台帳のサンプルなども提供されています。

 上記のガイドラインなどを参考に社内の体制や仕組みなどをしっかり考えた上で、ただ、全ての対策を人が手動で行うとなると、現実的には難しい部分が多くあります。そこで、セキュリティ対策ソフトや資産管理、UTMなどによって、管理運用の手間を無くしつつ、強固なセキュリティもご提案いたします。

ファイルのダウンロードや詳細については、下記URLをご覧ください。


2016年11月9日水曜日

amazonを名乗る新たなフィッシング詐欺メールにご注意!

最近また新たにamazonを語るフィッシング詐欺メールが出てきている模様です。

今回のフィッシング詐欺の手口は「アカウント検証」という内容で送られており、リンク先を開くとamazonに似せたログイン画面に遷移します。

そのまま入力してしまうと、今度は「アカウントが一時的に無効に」という表示と共に住所やクレジットカード情報まで入力を求められます。

ここで入力してしまうとクレジットカード情報まで盗まれてしまうので要注意です。



しかし、メールの文章をよく見てみると、不自然な日本語だらけなのに気づきます。

こんなメール、amazonからは送られてきませんので、よく見ておきましょう。



また、9月上旬にも「セキュリティ上の理由。アカウントを保護してください。」という件名でamazonを語るフィッシングメールが出回っていたようです。

そちらは違和感のない日本語が使われており、先ほどの詐欺メールよりも気づきにくいのが難点です。


しかしいずれにせよamazonからアカウント情報やクレジットカード情報を確認するようなメールが急に送られてくるようなことはないので、メールのリンク等はクリックせず、ブラウザからログインして確認することをお薦めします。

2016年11月2日水曜日

AED設置

この度、当社ショールームにAED(自動体外式除細動器)を設置いたしました。

AEDを使わなくて良いのが一番ですが、もしもの時は当社内でも構わずご利用ください。

また、当社でもAEDを販売できるようになりました。



当社ショールーム入って左手付近に設置しております。


2016年11月1日火曜日

スマートテレビでウイルス感染

ここ近年で猛威を奮っている身代金要求型ウイルス【ランサムウェア】が、10月31日にスマートテレビでの感染が多数確認されました。

今回、トレンドマイクロ社で対策されていた国内約400万台のスマートテレビの内、約320件の検出が確認されています。

約半年前に、このタイプのウイルスが確認されたおり、スマートテレビでの感染の可能性が示唆されていました。しかし、これまではスマートテレビ自体をターゲットとした事例はありませんでした。

対象とされているテレビは、Android型OSを搭載したスタートテレビとなります。

テレビ上で音楽やゲームのアプリをダウンロードした際に感染する恐れが高く、感染すると一定時間経過後にテレビがロック画面に切り替わり、通常の操作をすることができなくなります。
解除するためには、iTunesカードを購入し裏面のコード番号を入力するように求められます。また、72時間以内に支払わなければ、ブロックできないと脅迫してきます。

トレンドマイクロ社は感染しても、支払わないように注意を促しています。

トレンドマイクロ社は、スマートテレビに特化したランサムウェアが登場する可能性を示唆していました。
テレビだけではなく、物がネットに繋がるIoT時代の到来に伴い、利用者はセキュリティ対策をより一層意識する必要があるのではないでしょうか。