2017年9月5日火曜日

8月25日、全国で大規模なネットワーク接続障害。 多数のWebサービスがつながりにくい状態に。

8月25日に発生したネットワーク接続の大規模障害。OCNやKDDIが通信障害を発表しました。

「OCN」のサービスを提供しているNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)によれば、12時22分ごろから同45分までの時間帯に、「海外の経路不安定事象により、通信の一部において断続的にご利用できない状況が発生して」いた。「OCN光」のユーザーおよびNTT東西のフレッツ回線でOCNを利用しているユーザーに影響があったという。なお、OCNの設備に異常は起きていないということです。
同様にKDDI株式会社でも、12時24分ごろから同39分まで、「インターネット上で大量の経路変動により通信不安定な状況」になっていたという。同社広報に確認したところ、「弊社の設備には異常は発生していない」とのことです。

これらの原因は、「Google」が原因だったようです。

「朝日新聞」によれば、
”日本国内の複数のインターネット接続サービスが25日、相次いでつながりにくくなった大規模な通信障害で、米IT大手グーグルは26日、朝日新聞の取材に、同社の通信装置の誤操作が原因と認め、謝罪した。今後再発防止に取り組むという。”
とのことです。

今回の障害は「Softbank」「au」「ドコモ」といった大手携帯キャリアの通信のほか、「モバイルSuica」、フリマアプリの「メルカリ」、SNSアプリの「LINE」といった各種アプリ等々に、数時間にわたって広範囲に影響が及んだ模様です。

0 件のコメント:

コメントを投稿