2017年12月4日月曜日

iPhone、iPadで再起動が繰り返す不具合が発生

12月2日に、私のiPhoneが約30秒~1分で再起動されてしまうという状況に陥りました。
当日、更新されたアプリが影響しているのではないか思い、まず不要なアプリを削除してましたが解決には至らない状態でした。その後、IT関係のトップニュースで問題が公開されていました。

-以下記事を伐採
iPhoneやiPadが再起動を繰り返す不具合が、12月2日未明から多数報告されている。特定のアプリの通知を切ったり、端末の設定から日付を12月1日以前に変更すると解消するとの報告もある。iOS 11.1以降のバグが原因のようだ。

不具合は、iPhoneやiPadが数十秒ほどで再起動を繰り返すというもの。iOS 11.1以降の端末で、12月2日午前0時以降に発生しているようだ。iOSのデフォルトの時計アプリで、下のメニュー以外が真っ黒になって表示されない不具合も起きており、「iOS 11の時計機能に関連するバグでは」とみられていた。


問題の影響を受けた家計簿アプリ「Zaim」運営元のZaimは2日11時ごろ、問題を特定したことをTwitterで告知。「『繰り返し設定のあるローカル通知』を組み込んでいるアプリをiOS 11.1以降の端末にインストールしていると、同現象が発生するようだ」と知らせた。Appleにはバグレポートを提出したという。
 問題を回避する「Zaim」新バージョンをAppleの審査に提出済み。「特急申請が認められれば1~2日後にはApp Storeに反映される予定」という。
 また同社は開発者向けに、現象を再現できるアプリをGitHubで公開した。
参考:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/02/news018.html
この家計簿アプリ「Zaim」を利用していたため、私のiPhoneは影響を受けてしまったようです。当日の夜には、iOS11.2が公開されておりアップデートしたことで問題が解消されました。


0 件のコメント:

コメントを投稿