2018年1月23日火曜日

「youtuberって」


「ユーチューバーって最近よく聞く、楽して大金稼いでる人生イージーモードな人たちのことでしょ??」
と、よく耳にしますがyoutuberって実はめちゃくちゃ大変なんです。
 

 ここ数年、「男子中学生のなりたい職業ランキング」で上位にノミネートされているyoutuberという職業ですがyoutuberとはYouTubeに自作の動画を投稿し、そこでの広告収入を主な収入源としている人のことです。

 なぜここまで人気なのか、理由はたくさんあるんですが一つを簡単に説明すると、「楽をして大金を稼げる」と思われているからです。日本の中で人気youtuberと呼ばれている人たちは年収1000万を超えていることが多いです。人気youtuber1人であるHIKAKINさんは2016年の年収が1億を超えたらしいです。このようにトップランカーになれれば相当稼げるようです。
 この人気youtuberたちがこぞって、「好きなことで生きていく」とテレビCMで言ってましたね。Youtuberをよく知らない人たちは「好きなことで生きていく」と「好きなことだけで生きていく」を勘違いしています。
 人気youtuberたちは登録者数も少なく、誰からも見向きもされない毎日を数年間も耐え続けてきた人たちです。さらにクオリティの高い動画をアップするのには撮影や編集も含めたら何時間もかかるんです。それだけ時間と手間をかけて、やっと好きなことで生きているんです。私たちがいきなりyoutubeに動画をアップして広告収入だけで生活ができるなんてことはなかなか難しいです。実際にyoutuber8割が月1,000円未満程度の収入しかないので決してyoutuberみんなが楽して大金を稼いでいるわけではないのです。

 そして今回、youtubeから【これまでは視聴回数1万回に達すると広告を付ける基準を設けていたが、来月20日以降は「登録者数1000人以上」と「過去1年で4000時間の視聴時間」の2つの基準を満たすチャンネルでなければ、広告は付かない仕組みとする】という規制が敷かれました。これまでは極端な話、再生ボタンを連打していればよかったのが視聴時間基準となると、クオリティと固定ファンが重要になってきます。登録者数が何百万人もいるトップユーチューバーは影響が出ませんが、月に数万~数十万ほど稼いでいた中堅youtuberたちは顔面蒼白です。
 
youtuberになるし、好きなことだけやって広告収入で暮らすから勉強なんか必要ない!」といって簡単に仕事や学校をやめてしまい、生活できなくなってしまうyoutuber難民は今後増殖するかも...


0 件のコメント:

コメントを投稿