2018年2月1日木曜日

話題のAI 『AIスピーカー』って?


厳しい寒さの続く中、皆様はどうお過ごしでしょうか?私は最近話題のAIスピーカーを購入して、休みの日は極力布団から出ない生活を送っています。
AIという言葉は最近ニュースなどでよく聞きますが、その中でもAIスピーカーについて今回は、解説していこうと思います。

AIスピーカーは、AIアシスタント(対話型の音声操作)を利用可能なスピーカーです。
現在、多くの人がPCやスマートフォンなどでインターネットを使って調べ物、買い物をしたり、音楽を聴いたりといったサービスを利用していますが、 AIスピーカーは、そうしたサービスをPCやスマートフォンなどを介することなく、「音声」のみで操作できます。
AIスピーカーはそうしたAIアシスタントに対応することで、調べものだけではなく、「キッチン」や「寝室」といった日常生活の場においても活躍しています。

では今回AIスピーカーって何ができるのかを一部紹介したいと思います。


音楽を聴く

「クラシック音楽を流して」とお願いすれば、音楽配信サービスから適したプレイリストを探してきて再生してくれます。インターネットラジオなどに対応するAIスピーカーもあります。


家電を操作する

遠隔操作の可能なライトや掃除機、冷蔵庫などと連携することで、家電を音声で操作することができます。電源のオンオフやタイマーの設定などを、簡単に操作が可能です。


調べ物をする

AIスピーカーの多くは検索エンジンと接続しており、調べ物をお願いすることができます。例えば「○○について調べて?」などと質問できます。


自分で手を動かして操作することなく操作ができるので大変便利ですが、すべて布団の中から出来るのでどんどん自堕落な生活になっています。
次回は脱自堕落!をテーマにスマートフォン連動の運動用品の紹介をしたいと思います。



植田

IPA情報処理推進機構より情報セキュリティ10大脅威2018が公開

情報処理推進機構(以下、IPAと略す)より、2017年に発生した社内的に影響の大きかった情報セキュリティ事案トップ10が発表されました。年々、発展していくITは社会と私生活において欠かせないものとなっています。便利なITですが、便利という裏には危険が付きものです。2017年の脅威トップ10を見ていきましょう。

上記表から、組織の新たな脅威としてランクインされた3位~5位に関して注目してみました。新たに脅威として組織3位に、ビジネスメール詐欺が入っています。JALの事件が世間をざわつかせましたね。また4位には、脆弱性が公表されるとその脆弱性を狙った攻撃が増えるという傾向が多かったようです。対策が急務となり今後更なるセキュリティ意識が必要だと考えさせられます。それに続くように5位にはセキュリティ人材の不足となっております。脅威が増加するとともにセキュリティの意識が高まっているのでしょうね。。
IPAの公式HPに他のランキングに関しても、概要が掲載されていますので、是非ご覧ください。
参照URL:https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2018.html