2018年3月19日月曜日

Google Chrome、すべてのHTTPサイトに「安全ではない」警告を表示へ


Googleは米国時間2月8日、2018年7月にリリースされる「Google Chrome 68」以降はすべてのHTTPサイトに対し、「安全ではない」警告を表示すると発表した。
これまでURLの左には丸の中に「i」が書かれたアイコンが表示されていたHTTPサイトは、
今後「Not Secure(安全ではない)」という警告表示が加わる。


「Google Chrome」はHTTPS接続サイトを閲覧する際にアドレスバーに“セキュア”であることを示すセキュリティアイコンを表示する。
一方、HTTPS接続サイトを閲覧する場合は“安全でも危険でもない(neutral)”ことを示す“!”アイコンのみの表示にとどめ、これまで“非セキュア”であることを特に強調してはこなかった。
しかし、HTTP接続で読み込んだWebサイトには、途中で誰かに盗聴され、内容を改ざんされる危険が常に付きまとっており、安全であるとは到底言えない。
そこで、より明確かつ正確にHTTP接続の危険性を示すため、“非セキュア”であることを強調するインジケーターが段階的に導入されることになった。

なかでもパスワードやクレジットカード情報は非常に重要なデータであるため、手始めとして「Google Chrome 56」から、それらを扱うHTTP接続サイトでは“非セキュア(Not secure)”というラベルがアドレスバーに追加される。
さらに、プライバシーが守られていることが期待されているシークレットモードでは、より明確な警告として、HTTP接続サイトでは常にアドレスバーへ“非セキュア”ラベルを表示するとともに、“!”に赤い三角形をあしらった警告アイコンを付与して警告を行うという。


0 件のコメント:

コメントを投稿